KingVu's something
理系の男性にありがちな「相手の言いたいことが厳密に定義できるまで判断を保留する」という態度は、当然ながら、モテない
Twitter / raurublock (via igi)
ポータルに挿さっているレゾネーターが残り2本以下になるとリンクが切れ、CFがある場合は破壊されます。 CFを壊すとリンク先のキーが落ちるので使う場合には拾うのをお忘れなく
50: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/07/23(水) 12:45:34.53 0.net
こうしたブームを作って徐々に軍隊アレルギー戦争アレルギーを薄めていくんだろ
そして気がついたら徴兵制が導入されて戦地へ行かされてると
47: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/07/23(水) 12:44:58.19 0.net
猟銃による狩猟をする女の子が増えてるみたいなこともテレビでやってたな
単純に銃器に対するイメージの軟化を企図してるんだろうな
5: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/07/23(水) 12:29:54.55 0.net
普通に自民の意向を汲んだ電通だろう

15:

名無しさん@涙目です。(中部地方):2011/07/26(火) 19:16:51.51 ID:6WF2s4L90
あらゆる人間は、いかなる時代におけるのと同じく、現在でも奴隷と自由人に分かれる。
自分の一日の三分のニを自己のために持っていないものは奴隷である。

ニーチェ

口が悪い人は『口の悪さの裏にある本音をくみ取ってほしい』という潜在的な甘えを持っている
その欲求が大きいほどに口の悪さに拍車が掛かる
Twitter / DJ_aoi (via toronei)
krk39:

1409730490292.jpg
mugijiru:

1327678262482.jpg
彼が生きてれば、iPod Classic Air とか出してたかもね。
RESISTANCE
Mind Units: 204,422,621
ENLIGHTENED
Mind Units: 235,771,127
Ingress Intel Map
お、巻き返したか。
「何かしようと思っていることがあったら、72時間以内にとりかかるべし」というものだ。それ以上先延ばしにしたら、結局はまったく手つかずのまま終わるだろう。

田中弘道は「鳥山明の世界を表現するゲーム」をスクウェア社内で最初に企画した人物であり、元来はその企画に「クロノ・トリガー」のタイトルが与えられていた。しかし、「諸々の事情」でその企画は「クロノ・トリガー」ではなくなり、形を変えて1993年に発売された『聖剣伝説2』となった。その後、1995年に実際に発売された「鳥山明の世界を表現したゲーム」である『クロノ・トリガー』の開発には田中が直接関わることはなかった。後に田中は、加藤正人が『クロノ・トリガー』の続編を作りたいとして立ち上げた企画(後述)にも参加している。

(中略)

クロノ・トリガー』における”現代”から20年後にあたるA.D.1,020年、前作の舞台となったゼナン大陸の辺境にある海域エルニドで物語は幕をあける(なお、この「エルニド」は設定上、前作の舞台には登場しない地域である)。前作はタイムトラベルがテーマだったのに対し、今作はパラレルワールドをメインテーマに置いている。今作の舞台となる世界も前作の歴史変革後に生まれた無数の未来のひとつであるため、「クロノ・トリガー2」ではなく、「クロス」(「トリガー」とクロスする、別の「クロノ」)と銘打たれている。

(中略)

もともと、『ゼノギアス』が『クロノ・トリガー2』という企画から発足しており、『ゼノギアス』制作後にチームが再編成して、改めて『クロノ・トリガー』の続編を作るべく発足したのが『クロノ・クロス』の制作チームである[3]。そのため本作には『ゼノギアス』との類似点が多々存在し、戦闘システムなども『ゼノギアス』のものを発展させた形となっている[3]

また、『ゼノギアス』のデモムービーで使われていた、「さあ、愛に血を流させてやろう!地獄の海のように、紅く……深く……!」という台詞も、『ゼノギアス』本編ではなく、『クロノ・クロス』本編で使われている。

そこでまずは、中小企業と新卒採用の実態を知ることにした。けれど県庁にも大学にも情報がない。それならば自分たちで調べよう!と、岐阜の大学生106人に調査してまとめあげたのが、『岐阜「中小企業と若者」就職白書』だ。

結果から見えてきたのは、意外な事実だった。

「大学生の約90%が中小企業への就職を視野に入れながら、実際にはほとんど就職していませんでした。なぜか。岐阜にある企業約83,000社のうち、リクナビに掲載している岐阜県本社の会社は200社たらず、1%にも満たなかったんです。ほとんどの会社を知らないまま、学生は就職活動をしているんですね。」

「さらに学生が仕事で大事にしたいのは、やりがい、会社の雰囲気、仕事に対する思いということも見えてきました。それって実はG-netが関わる中小企業経営者がすごく心がけている点なんです。つまり、求めるものはお互いに一致しているのに、出会う機会がないから就職できなかったんですよ。」

その気づきから生まれたのが、『キミはまだ99%の会社を知らない』という冊子だ。

BGMは菊田裕樹が担当。菊田がスクウェア入社後、初めてコンポーザーを任されたのが本作である。本作の音楽は発売から十数年経った現在においても、国内外で高い評価を得ている[1][2]

『聖剣伝説2』の音楽は「良い音で美しい」「8トラックのS-NES PCM音源で作るゲーム音楽の限界への挑戦[2]」という方針を基に、ハイファイデリティなサウンドを活かした透明感溢れる楽曲を目指して制作が進められた。そのこだわりは音源や音像・音色の構築のみならず制作環境を改めるにまで及び、本作は徹底した緻密なサウンドプロダクションが敷かれている。2年にわたる製作期間の間、菊田は自身の楽曲制作のために割り当てられた社屋内の個室に住み込み、作曲は無論のこと、音色の選定・楽器の定位サンプリング作業とエフェクトの調整・手作業による音楽データの容量圧縮・サウンドデザイン[3]等々、納得のゆくまで試行錯誤と修正を重ねたという(菊田曰く、「プログラマー頼みの部分を除き、ほぼ全ての作業を自分の手で行った」とのこと)。更に、菊田は自らの意に沿うサウンドの感触を得るために、サンプラーAKAI S900)を持ち込んでスーパーファミコンで鳴る音をサンプリングし、それを元に作曲を行った。実際に実機で奏でられる音をプレビューしながら作曲できる環境を整えた訳である[4]。当時、同じくスクウェアのサウンドチームに所属していた下村陽子は、菊田の作り上げた制作環境を知って、「この人はただ者じゃない、というか、普通じゃない! おかしい!」と感嘆したという[5]

菊田は後のインタビューで本作のサウンドについて、「呆れるほど時間をかけた」「贅沢な時間の使い方ができた」「楽器ごとの定位や、動かし方も、何度も何度も試行錯誤した上で決定しているという感じで、ちょっと考えられないくらい余裕のある作り方をしている」と振り返り、それらが楽曲の出来映えに結びついたと語っている[6]